B+[ビータス]気になるあの人 常松靖史さん

title.png

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

日本図書設計家協会 The Society of Publishing Arts
HOME > Hito014

kininaru_title_d.png

014常松靖史さん

出雲地方で産湯をつかり、下関の大学で経済学を専攻しつつも、デザイナーを目指して行き着いた先は大阪。広告制作会社と印刷会社で修業を積み、バブル渦中の東京へ出向後、会社が倒産したり小豆相場で無一文になったりと流転の時期を経て「風の向くまま独立していた」と。現在は愛猫(兼秘書)と神楽坂に事務所を構えます。おいしいお店が連なる土地柄だけに、お酒の誘惑は強いのでは?「いや最近は週イチくらい」(大吟醸を片手に)だそう。「『寅さん』ちゃんと見たことない? 見た方がいいよ〜、寅さんはね…」2軒目のベルギービールを傾けながら、神楽坂の夜は更けていくのでした。

使用前.jpg使用後.jpg
使用前…四苦八苦を知らぬ幼年期。生家母屋で木彫りの熊を抱く(左)
使用後…四苦八苦にあえぐ中年期。事務所で芸術作品に興奮する(右)

秘書と.jpg谷中墓地夜桜.jpg
秘書と…アイデアに詰まると秘書にセクハラ(左)
谷中墓地の花見…毎年の交霊行事。横山大観に祈る(右)

●好きな言葉
 身を底に沈めて計るべし、何の狼狽もない…新聞の占い欄にあった言葉。
●好きな本
 最近では、佐藤亜紀「戦争の法」…文体も物語も、これぞ小説の醍醐味。
 沼正三「禁じられた青春」…誰も書けなかった昭和・戦争文学。
 筒井康隆作品…40年来のファン。近年は目立った作品がなくて寂しい限り。
●好きな映画
 「小さな巨人」…滑稽で呑気でエッチでやがてズシリと堪える物語。
 「ドクトル・ジバゴ」…特殊な時代と状況の物語なのにいつ観ても感動。
 「離愁」…恋愛映画のマイ・ベスト。なのに原作も映像もずっと品切れ。なんでや!
 「ジョゼと虎と魚たち」…池脇も妻夫木もいいが新屋英子のリアリティが凄い。
 「男はつらいよ」…第30作まで。特に29作「あじさいの恋」は切ない。
 キューブリック作品…説明不要。
●好きなミュージシャン
 山崎ハコ、長谷川きよし、浅川マキ、泉谷しげる、沢田研二、ニール・ヤングなど
●好きなお酒
 大吟醸、フルボディの赤ワイン
●好きな場所
 神楽坂の事務所周辺と桜の季節の谷中墓地
●好きな乗り物
 少し遠くへ行く電車
●好きな人
 自分の愚かさと過ちを知っている人
●好きな生き物
 和猫、ハシビロコウ
●口癖
 ⌘ Z(コマンド・ゼット)!…失言、失態、失策…やり直したい事が多い日常なので
●やってる運動
 水泳を週に2回、寝る前の腹筋・背筋・腕立て伏せ
●よく観戦するスポーツ
 プロボクシング、格闘技
●人生を変えた一言
 もっと夢のある男の人が好きなの…説明不要
●最近、衝撃を受けた瞬間
 長谷川穂積がKOされた瞬間。久々のナマ観戦の武道館で凍り付いた

chase-cover.jpg
『チェイス 国税査察官』 発行:学研パブリッシング 装画:星野勝之
その他の作品はこちらへ→常松靖史さん作品ページ

<気になるあの人>トップへページの先頭へ


A Day In The Life

8時前
猫に起こされる。ブラッシングをしてやり「ゲゲゲの女房」を観る。

8時半〜
「とくダネ!」を観ながら朝食。東京新聞朝夕刊を読む。

10時半〜
珈琲と中南海で血圧を上げつつMacに向かう。

13時〜
「タモリ倶楽部」の録画を観ながら昼食。

14時〜
イラスト持ち込みのお客と話し込む。

15時〜
文庫カバーに使う写真の検索。

16時〜
ジムのプールで1km泳いでジャグジーに浸かる。

17時〜
ギンレイホールで陰気な洋画を観る。

19時〜
安い赤ワインを呑みながらデザイン細部を詰める。

20時〜
近所のワインバーで隣のネエちゃんに人生を語る。

23時〜
車谷長吉の私小説を読みながら次第に眠くなる。

25時
枕元の猫と共に就眠。