B+[ビータス]気になるあの人 内浦享さん

title.png

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

日本図書設計家協会 The Society of Publishing Arts
HOME > Hito007

kininaru_title_d.png

007/内浦亨さん

内田樹氏の書籍や『ペヨトル興亡史』を刊行する京都の出版社「冬弓舎」を営む内浦亨さん。京都の大学を出て、たまたま下宿近くにあった小さな文芸系の出版社に入社し、営業の肩書きながら編集・校正を含むひととおりを経験しました。25歳で辞めた後、ネット関係の編集プロダクションでの仕事の中で、後の刊行物のもとになる文章や著者たちとウェブ上で出逢うことになります。そして、30歳のとき、最初の本を刊行しました。現在も自分のペースで本をつくりながら、家族と猫に囲まれてゆったりと暮らしています。


RIMG0165.jpgRIMG0162.jpg
RIMG0164.jpgIMG_5017.jpg
IMG_3258.jpg

●好きな言葉
外柔内剛
好きな本
良質のエッセイ(武田百合子さんとか)
●好きな酒
気の置けない人と呑む楽しい酒(種類は何でも)
●好きな場所
比叡山(自宅近所からすぐ登れるのです)
●好きなお店
うるさすぎず、静かすぎない店
●好きな乗り物
自転車
●好きな人
自己主張のうるさくない人
●よく歌う曲
ここ数年は、初期RCサクセションとか、フォークルとか(両者とも今年亡くなられてしまいました……)
●好きな映画
「ソナチネ」(北野武監督)
●こだわりの食べ物
食べ物に特にこだわりはありませんが、なぜか水だけは近所の神社の井戸水をわざわざ汲みに行ってます
●よく買うお取り寄せ
ネコのプレミアムフード(ヒトのものは買いません)
●好きな……(何でも!)
(うちの)ネコ
●やってるスポーツ
自転車・トレイルラン
●よく観戦するスポーツ
自転車ロードレース
●人生を変えた一言
やってみなさい(今の仕事を始める際、皆に反対されましたが、一人だけ賛成してくれた方がいました)
●今ハマってるグッズ
ネコマンガの「くるねこ」
●つい買ってしまうモノ
自分のものには本以外お金を掛けない主義ですが、最近家族になった子ネコには、惜しみなくいろいろ買ってあげます
●口癖
ま、なんとかなるでしょ

peyotl200.jpg
『ペヨトル興亡史』
学生の頃からあこがれていたアート・文学系のインディペンデント出版社、
ペヨトル工房の創生から解散に至る一代興亡史。
セゾン系文化の洗礼を受けた世代には、特に感慨深い本だと思います。
装幀はもちろん、ミルキィ・イソベさん。

その他の作品はこちらへ→内浦亨作品ページ

<気になるあの人>トップへページの先頭へ


A Day In The Life

06:00
ネコパンチで起こされる。(ネコの)食事の世話。
しばらく相手をした後、二度寝。

07:30〜08:30
起床。1時間かけて家中を雑巾掛け。
途中、長女(小学生)の登校を見送る。
他に、メダカの世話も。

08:30〜09:00
朝食後、コーヒーを飲みながら新聞を読む。

09:00〜09:30
朝いちのメールチェックやウェブでの情報収集など。

09:30〜12:00
仕事(自宅兼事務所なので、通勤はなし)

12:00〜12:40
昼休みを利用して、自転車のトレーニング。
自宅からすぐの比叡山越えの峠を1本、週の中日に。

12:40〜13:00
昼食

13:00〜19:00
仕事。途中、ネコのおやつの準備など。
仕事に飽きる度、ネコに遊んでもらいに行く(が寝ている)。

19:00〜21:30
平日は晩酌しなくなった。
夕食後、家族と団欒したり、ネコが食事で汚した床を掃除したり。
その後、入浴。

21:30〜23:30
布団に入って、ネコの相手をしながら、読書。

23:30
ネコに挨拶をして、就寝